医療事務のレセプト業務とは?診療報酬の請求書作成としくみ

医療事務をめざそうかな~と思われたあなたは『レセプト』という言葉を聞いたことがありませんか。

「医療語?聞いたことがないよ~、知らない!」

「ほらぁ~、もう最初からわけわからない言葉が出てきた~」

と、思いましたか。

 

医療事務に興味をもたれたあなたが特に気になることは、医療に関することって難しいのでは?ということかもしれませんね。

私もそうでした。

なにせ高卒のレベルですから(^▽^;)

興味があっても、簡単には医療事務員なんてなれないし、医療用語もチンプンカンプン┓(´Д`*)┏ わからない・・なんてね。

 

医療系ってなんとなく敷居が高くて、私なんかには無理なのでは?って、思いがちです。

でも大丈夫、安心して下さい。

 

こんな私でも、もう20年以上医療事務員として働いていますから・・。

レセプトも理解できるようになりますからね。

 

医療事務として働きたいな~と考えた場合、大きくわけて2つの業務があると思って下さい。

・受付業務での接客業ともいわれる仕事
・レセプトという請求書を作成する仕事

他にも細かい業務は多々ありますが、大まかにいうとこの2つになります。

 

そのうちのレセプト作成業務が、医療事務として要の仕事でもあるのです。

医療事務の資格を取ろうかなと思った時や、医療機関の経営に携わる請求書を作る時に必要な知識。

それがレセプトを作ることだというわけです。

 

そこで、この『医療事務のレセプト業務について』というカテゴリーでは、

・レセプトとは何か
・レセプトがなぜ重要なのか
・レセプトの作り方

など、レセプトにまつわることを下記の記事一覧でまとめてみました。

 

レセプトに関係することで、あなたの疑問がとけるようなページがきっとあると思います。

レセプトという言葉なんて初めて聞いたよ~というあなたにも参考になれば良いのですが・・(^▽^;)

必要な情報の記事をご覧下さいね。

 

 

さてさて、さっきからレセプト作成、、、レセプト業務、、、って、結局レセプトって何なの?と思いますよね。

 

詳しくは下記の記事一覧でみていただきたいのですが、ここでも簡単に説明しちゃいます(^^)

医師や看護師のように、医療系の難しい勉強を何年もしなくても大丈夫ですからね。

 

まずレセプトというのは、診療報酬明細書のことです。

それがよく分からない!って感じですよね~。スミマセン(^^;

 

病院などへ行った時、私達は医師から何らかの診療行為をうけます。

診療行為には全て、点数が決められているのです。

日本全国どこの医療機関でも同じ。

 

あなたが、もし病院にかかられるようなことがあったら、領収証を確認してみてください。

点数が書かれてあると思います。

 

この点数で表された医療行為を、お金にかえなければなりません。

医療機関の収入です。

 

医療事務は、医療機関の収益を患者さんと保険者に請求します。

保険者というのは、あなたが持っている保険証に書かれてある組合のことです。

 

保険証のおかげで、あなたは診察代の一部だけを窓口で支払っているわけ。

点数で表されている医療行為を計算して、お金にかえて精算しているのですね。

 

あとの残りの診療代を、医療事務は保険者に請求します。

そう!

この保険者に請求する業務こそが、医療事務ならでは仕事だといえるのです。

 

医療行為を点数におきかえて、請求書として作成することこそがレセプト業務。

作った請求書がレセプト(診療報酬明細書)だというわけです。

 

月に一度、月初めにレセプトは保険者へ提出します。

求書が間違っていると、医療機関が損をすることにもなりかねません。

 

レセプト作成・レセプト点検業務は、医療事務の重要な仕事なのです。

・レセプト作成は難しいの?
・医療行為の点数は全部覚えるの?
・点数の計算?数学苦手なんだけど・・
・レセプト業務は医療事務全員が携わるの?
・レセプト作成ってパソコンで?

そんな疑問にも下記の記事一覧の中でお答えしています。

 

レセプトは提出しても、全部受け入れられるわけではありません。

審査を受けて、正当なものだけが収入となるのです。

査定があるのですね~。

 

却下されて戻ってきたレセプトの内容を見直すことも、再請求することも医療事務の仕事。

このあたりの詳しいことは、別ページでご覧くださいね。

 

医療機関は診療行為をレセプトにまとめて保険請求をします。

この仕事こそ、医療事務ならでは業務。

 

もちろん、全く医療用語を知らないと、頭の中で??ハテナマークが並ぶかもしれませんが、日々の業務の中で前向きに勉強していけば大丈夫。

 

医療機関に初めて医療事務として働き出して、すぐにレセプト業務を専任なんてことにはならないですから。

レセプト業務のみや保険請求の専門の道を選ばない限り・・。

 

医療事務の資格を取るために、毎日頑張っているあなたなら、現場でもいち早く理解できるでしょう。

 

医療機関では医師や看護師など・・、それはそれはすごい人達ですが、医療事務も保険請求のプロだと思っています。

私も日々勉強です(*^^*)

 

医療事務のレセプト業務について

レセプト返戻や査定ってどういうこと?医療事務の請求業務

レセプト返戻や査定とはどういうことなのでしょうか。初めて病院に勤めたときに、いきなり携わる仕事ではありませんが、医療事務にとっては重要な請求業務。審査側からのレセプト返戻や査定の意味、その流れや再請求など、診療報酬明細書について簡単にみていきます。
医療事務のレセプト業務について

内視鏡検査のレセプト。胃と大腸カメラの保険算定での注意点

内視鏡検査のレセプトには、気を付けなければならないことがあります。医療事務の資格取得をめざされている場合にも、病理組織検査の算定方法など、内視鏡検査のレセプトについては多く出題されます。胃カメラと大腸カメラを中心に、注意すべき点をみていきましょう。
医療事務のレセプト業務について

血糖自己測定器加算のレセプトコメント。記載漏れはない?

血糖自己測定器加算のレセプトコメントは忘れていませんか?実は、そう言ってるうちの医院でも記載漏れが発覚。令和2年11月提出分から必須の電算処理システム用コード。間に合って良かったですが、血糖自己測定器加算のレセプトコメントに要注意というお話しです。
医療事務のレセプト業務について

在宅持続陽圧呼吸療法管理料のコメント。無呼吸症候群の算定

在宅持続陽圧呼吸療法管理料のコメントには、レセプト作成のときに気を付けなればならないことがあります。睡眠時無呼吸症候群で、CPAP療法による治療をされる患者さんに、在宅持続陽圧呼吸療養管理料のコメントが必要。摘要欄の記載方法を参考にしてください。
医療事務のレセプト業務について

湿布の70枚制限。処方のルールやレセプトコメントについて

湿布の70枚制限が平成28年からあったのは、医療事務なら承知のこと。処方できる枚数に決まりがあり、それを超えるとコメントが必要です。令和2年10月からは、湿布の70枚制限に関係なくても、電子レセプトの摘要欄記載にコード入力の新ルールがあります。
医療事務のレセプト業務について

月の途中で保険変更。レセプト作成で医療事務が注意すること

月の途中で保険変更があった場合、レセプト作成の際にも注意点があります。医療事務が保険証を確認するのは大切な業務。患者さんに毎月きっちりと提示してもらっても、月の途中で保険変更となっていたとは知らないケースもあります。請求方法をみていきましょう。
医療事務のレセプト業務について

レセプトにコメントが必要?令和2年10月分から義務化の件

レセプトにコメントが必要な項目には、令和2年10月から必須となっているものがあります。義務化なので、医療事務はコードを入力して摘要欄をチェックです。レセプトにコメントが必要なものは、オンライン請求や電子媒体で提出している医療機関は忘れないように。
医療事務のレセプト業務について

レセプト作成はパソコンでする?医療現場での点数の入力方法

レセプト作成はパソコンでするの?という疑問は、初めて医療事務をめざすあなたが思うことですよね。だって、資格取得の学習は紙面で作りあげていくのですから・・。レセプト作成はパソコンで点数表を見ながら入力する仕事なのか、現場の作業について書いていきます。
医療事務のレセプト業務について

電子カルテとレセコンは何が違う?医療事務員はどちらが楽?

電子カルテやレセコンは医療事務になったらほぼ毎日使用するもの。パソコンでの入力とは違うの?楽に操作できるのはどちらか・どっちが使いやすいのか・電子カルテとレセコンの相違など、現場のスタッフの様子も伝えながら、日々の業務について書いてみます。
医療事務のレセプト業務について

レセプトの意味とは?医療事務をめざそうかなと思うあなたへ

レセプトの意味ってご存知でしょうか。診療報酬明細書といって、毎月支払基金に請求する大事なものです。医療事務になる為に、まず覚えなければならないのがレセプトの意味ともいえます。患者さん一人ずつの情報を、どんな内容にまとめてあるのか書いていきます。