医療事務あるある。現場でよくある面白い話しや業界トーク

医療事務に関心のあるあなた。

医療事務に興味を持たれて、医療事務員として働いてみたいな~と考えておられるあなたは、仕事内容や待遇・資格のことなど、いろいろ知りたいことはあると思います。

 

私のサイト『ハーティジム』では、そんなあなたが医療事務をめざして頑張ってみようと思っておられるお手伝いができれば・・と、スタートしました。

 

私の経験が、医療事務に興味を持たれたあなたのヒントになればなぁ~と思い、書き始めたわけです。

 

私が、医療事務の資格を取ろうと勉強をし始めた20年以上も前には、こんなふうになかなかリアルに医療の現場を知ることはできませんでした。

そんな情報網がなかったのです。

 

医療事務になろうと決心したとしても、実際の現場ではどんなことをしているのか、どんな感じの職場なのかなどなど。

医療と名が付くだけで、おそれ多くて自分なんかが働くことができるのだろうかという不安などもありました。

 

身近に医療事務として働いている人に聞くしかなかったのです。

当時、私にはそんな知り合いがいませんでした。

いれば良かったのですが・・(^^;)

 

医療事務をめざすあなたに、もっと親しみを持っていただくためにも、なんでもお伝えできればな~・・と思っている『ハーティジム』。

 

そんな中、難しい勉強のことばかりではなく、医療事務があるあると感じることを書いてみるのはどうだろうと思ったのです。

医療事務の日常であるあると思うこと、ちょっとしたこぼれ話しをお伝えするのもなんだか面白そう~って。

 

ブレイクタイム的にです。

医療事務の勉強を一所懸命頑張っておられるあなたの息抜き(^^)

実際に案外、医療事務ってどんな感じの世界なの?って思われていることも多いのですよね~。

「どんな人が多いの?」「くせが強いんじゃない?」って。

 

医療事務に興味があるあなたも、医療業界って固いイメージで、事務所でも難しいことばかり話しているのでは?と思っていませんか。

 

もちろん、仕事の話しが一番です。

患者さんの話しやそのご家族のことも話します。

 

「○○さん、今日はすごく調子悪そうだったね~、明日は一番に声がけしようね」とか

「ご家族の方と連絡取れてないけど、家族構成聞いてる?」とか。

診療が終わって患者さんがいなくなったら、申し送り事項や共有しなくてはいけないことの伝達はします。

 

でも医療事務員とて、ひとりの人間。

更衣室でグチの一つも出ることだってあります。

個人的な出来事や恋バナだってあるでしょう。

 

「今日、△△先生、機嫌悪かったね~」なんてことも(笑)

「□□さん、イケメンだったよね~」なんて、ちょっと不謹慎かもしれませんが、そんなこともしゃべってます(^▽^;)

 

今後の医療業界について、自分たちが働いているこれからの医院についてなど真剣に話したり、思いを確かめ合ったりもしています。

 

 

ここ『医療事務があるあると思うこと』というカテゴリーでは、普段スタッフ同士で「あるある~」と話していることを集めています。

 

私が他の病院を受診して「これ、うちの医院の現場でもあるある~」と思いながら見ていることや、友人からの質問あるあるや、日常生活の中でよく聞かれることあるあるなど。

 

たとえば、私は普段の業務でナース服を着ています。

医療事務でも、医療機関によっては事務服ではなくナース服を着用することがあるのです。

 

・干してある洗濯物のナース服を見て「看護師さん?」って聞かれること

・現場でも、患者さんから「看護師さ~ん」と呼ばれること

これ、ほんと医療事務あるあるです。

 

他にも、「先生は独身?」「先生はおいくつ?」と聞かれることも、あるある~。

医療機関で働いているゆえ、院内のことも患者さんのことも、個人情報である限りお答えすることはむずかしいので、うまくごまかしたり・・(笑)

 

今後の医療業界についても、電算化・オンライン化することに対して、医療事務の必要性だったり、医療の矛盾点なども、スタッフ間で「そうそう、あるある」と話します。

 

そんなさまざまなエピソード「医療事務あるある」を、別ページに書いてみました。

あなたにとって、医療事務に対しての関心事が書かれているはずです。

 

そんな医療事務があるあると思うことを、下記の別記事でちょっぴり覗いてみませんか。

 

ここ『医療事務があるあると思うこと』というカテゴリーでは、面白話しから真剣に医療業界について考えていることまでをまとめてみました。

 

興味深い記事がありましたら、ぜひご覧くださいね。

医療事務の仕事というところから、少し横道にそれてしまうかもしれませんが、医療事務という職業をもっと身近に感じて欲しいと思います。

 

誰かの役に立ちたい、患者さんのために・・と思えるあなたは、きっと医療事務になれますよ。

決して難しい職業ではないと思います。

私のような学歴もないおばさんが、20年以上も勤められているのですから・・。

 

下記の『医療事務があるあると思うこと』の一覧にあるおかしな記事(笑)でも読んで、肩の力を抜いて頑張って下さいね。

 

医療事務員があるあると思うこと

医療事務は愚痴を言ってはいけないの?ストレス発散も大事

医療事務は愚痴を言ってはいけないの?って、そんなことはないですよね。どんな職場でも少なからずストレスはあるもの。たまには発散しなくては身が持ちません(笑)そんな医療事務が愚痴をこぼすとき、絶対にしてはいけないのは何なのか、私の考えを書いてみます。
医療事務員があるあると思うこと

薬のネーミングは面白い!医療事務にも助かる覚えやすい名前

薬のネーミングってどうやって決まっているのか、医療事務になって勉強会などで知ることがありました。薬剤師のように名前を覚えたり効能を知っておく必要はありませんが、面白いもの。薬のネーミングによって仕事上認識できることもあるので情報として書いてみます。
医療事務員があるあると思うこと

薬の勉強会で弁当が食べられる?医療事務も参加できる説明会

薬の勉強会で弁当が食べられるのは、何も医師や看護師ばかりではありません。私のように 小さな医院で勤めていると、説明会に参加することもあるのです。薬の勉強会で弁当が提供されるのは今後禁止になるかも?と言われていましたが、実際はどうなのか書いてみます。
医療事務員があるあると思うこと

医療事務はスピードが大事。実はけっこう疲れちゃう業務内容

医療事務はスピードも必要で、けっこう疲れる仕事なのですよ。細かい作業で正確さも求められるのに、次から次へと急きたてられるかのように業務をこなしていかなくてはなりません。医療事務のスピードによって、患者さんをお待たせする時間も変わってくるからです。
医療事務員があるあると思うこと

医療事務の身だしなみ。気をつけるべき5つのチェック項目

医療事務の身だしなみで注意することとは?メイクもバッチリし髪も可愛く見られるようにして、きっちりおしゃれな着こなしをした受付でしょうか。実際の現場で医療事務が身だしなみを整える際に気を付けなければならない点とは、どのようなものかまとめてみました。
医療事務員があるあると思うこと

医療事務はナース服が制服?看護師と同じで間違えられない?

医療事務はナース服を着て仕事をしているの?と思われていませんか。毎日身に付ける制服は、医療機関の規模によっても変わります。個人の小さい医院で多く着用されている医療事務のナース服について、オールラウンドで働く業務内容にも関係があるのでまとめてみます。