医療事務が点数を重要視するわけとは?診療報酬の概要と解釈

医療事務と点数、、、点数って何?

医療事務員本人が査定された点数?

医療事務に何点くらい適応しているか採点?(笑)

そんなわけないですよね(^^;)

 

では、点数とはいったい何なのでしょう。

・医療事務をめざそうかなと思われているあなた
・医療事務に興味を持たれたあなた

そんなあなたへ、点数との関わり・解釈、どんな関係があるのかなど、点数にまつわる情報を下記の別ページにまとめてみました。

 

 

そもそも、医療事務の窓口業務って、患者さんの受付と診察代の清算が主な仕事だと思っておられませんか。

ある意味、接客に近い業務だと・・。

 

たしかに患者さんの応対は、接遇が重視されるようにサービス業に近い部分もあります。

医療機関の顔ともいわれる窓口の医療事務員の対応は、その病院の第一印象として残るものだからです。

 

ただ、医療事務の仕事は窓口業務だけではありません。

アッ!

医療事務の仕事内容が気になるあなたは、別のカテゴリーで業務についても書いていますので、そちらをご覧下さいね。

 

すみません(^^;)

元にもどりますよ。

 

医療事務は患者さんへの応対だけではなく、医療費の計算という重要な仕事があるのです。

医療機関の収入、この計算・請求業務に点数が関わってくるというわけ!

 

点数と一言でいってますが、実はこれ『診療点数』や『診療報酬点数』、『薬価基準点数』のことです。

まぁ仕事中、普段も「点数」と略していっていますが・・。

 

診療点数や診療報酬点数は、医療機関でのすべての医療行為に対する点数。

薬価基準点数では、薬や注射の値段が決まっていて、それを点数に換算します。

 

医科・歯科・調剤と点数は3種類にわかれていて、それぞれに診療報酬点数表というものが存在。

医科の診療報酬点数表は、どの医療機関にもあるでしょうが、これけっこう分厚くて重いのです。

そりゃそうですよね。

どれだけの医療行為があるのか・・ってことですもんね(^▽^;)

 

全国どこの医療機関でも、診察代はこの診療報酬点数表によって料金化されています。

 

医療事務の勉強を始めようかな~、資格でも取ろうかな~と思われているあなたにも、この診療報酬点数表は必須の本です。

この点数が、患者さんからもらう診察代や医療機関の収入となる医療費を計算する時に必要なのですから。

 

とはいえ、大きな声では言えませんが、この診療報酬点数表見にくいのですよね~(笑)

・いろいろと細かすぎるから
・医療用語や文章が難しいから
・一つの医療行為項目に対して注釈が長いから

どの理由からか、詳しく書かれてある診療報酬点数表を読み込むことは簡単ではありません。

 

普段は、勤務地での通常業務で考えられる医療行為はだいたい一定しています。

特に個人の医院では、入院して手術などということもないですから。

 

医療行為に対する項目の点数を料金化するだけ。

ただ突然聞いたこともない検査や処置なんかが出てくると慌てます(^^;)

 

まぁ、現在ではほとんどの医療機関が、電子カルテやレセプトコンピューターを使っていると思うので、点数自体はわりとすぐにわかりますが・・。

 

それなら、診療報酬点数表は必要ないのでは?なんて思いましたか。

たしかに、点数自体はコンピューターに項目を入力すれば分かるかもしれません。

 

ですが、どの医療行為の項目をインプットするのか、その検査は全て点数として取れるのか、細かいルールがあるのですね。

何でもかんでも入力して料金化するわけではないのです。

 

点数には同時に入力してはいけないという項目があります。

そこで、診療報酬点数表の登場です。

 

医療事務がよく読んで判断し、取れる点数・取ってはいけない点数を考えなければなりません。

点数をしっかり把握しておかないと、患者さんへの請求金額も変わります。

診療報酬明細書(レセプト)という請求書も戻ってきます。

 

医療事務と点数との関係は、一般事務にはない深いものです。

点数とは、診察・診療をお金にかえる時に必要なものといえるでしょう。

 

初めて行った医療機関が大きな病院か、入院設備のない小さいクリニックかによっても変わる項目。

細かいルールのある点数。

 

このあたりも、下記の記事一覧で点数の概要として書いています。

気になる点数の取り方、診察代の計算方法、料金についてもわかるように・・。

あなたの知りたい点数に関わることを探してくださいね。

 

なにせ、2年に1度の改正で変更されることもある診療報酬点数。

現役であったとしてもチェックしなくてはいけません。

 

・医療事務かけ出しのあなた
・私のようにもう何十年も医療事務員として勤務しているあなた

そんなあなたにとっても、変更された項目で分からないことや新設された点数など、いろいろ情報は欲しいものです。

 

実は、私もけっこうインターネット上の医療事務員さんのブログなどで「なるほど~~」と思うことがあります。

 

いち早く情報を書いて下さっている方に対しては、ほんと有難いものです。

 

このサイト「ハーティジム」でも、点数の概要・変更点の情報など、あなたに役立つよう点数にまつわることを更新していきますね。

 

医療事務の点数の取り方について

在宅自己注射指導管理料の回数の考え方。月末から始めたとき

在宅自己注射指導管理料の回数の考え方についてみていきます。当たり前のように算定していますが、現役の医療事務でも点数本の通知だけでは理解していないかもしれません。在宅自己注射指導管理料の回数の考え方は、医師が使用指示した実施頻度により決まっています。
医療事務の点数の取り方について

在宅酸素の管理料について。診療報酬点数による費用としくみ

在宅酸素の管理料について、医療事務が算定する診療報酬点数をみていこうと思います。初めての導入のとき、患者さんから費用についても質問されるかもしれません。在宅酸素の管理料は保険適用なのか、病名やレセプトのコメント、そのしくみに関しても書いてみます。
医療事務の点数の取り方について

腫瘍マーカーの算定について。ミスしやすい保険請求の注意点

腫瘍マーカーの算定はミスしやすい項目の一つです。医療事務の資格取得のために学習を始めた頃には、難しい問題だと思います。現役でも間違いやすい腫瘍マーカーの算定方法。うっかりすると、レセプトの査定対象にもなります。今回は保険請求の注意点をみていきます。
医療事務の点数の取り方について

特定疾患処方管理加算とは?医療事務が算定する時のポイント

特定疾患処方管理加算とはどんな点数か悩んでいませんか。どのようなときに取れるのか、同月に何回算定できるのかなど、他にも注意するべきポイントがいくつかあります。特定疾患処方管理加算とはどういった加算なのか、1と2の違いなどもわかりやすく説明します。
医療事務の点数の取り方について

特定疾患療養管理料はいつから?どんな場合に算定できるの?

特定疾患療養管理料がいつから取れるのか、医療事務なら知っておかなければなりません。けっこう高い点数なので、漏れると医療機関としては減収となります。特定疾患療養管理料はいつから、どんな場合に算定できるのか、資格取得を目指されているあなたも御参考に。
医療事務の点数の取り方について

院内トリアージの算定要件。コロナ疑いの病名がなきゃダメ?

院内トリアージの算定要件についてまとめてみます。どんな病院でも取れるのか、コロナ疑いの病名がなくてはならないのか、月に何回という制限はあるのかという疑問もみていきましょう。臨時的取扱の院内トリアージの算定要件を満たせば、実施料の300点が可能です。
医療事務の点数の取り方について

新型コロナウイルスの保険点数。初診・再診料に加算点を算定

新型コロナウイルスの保険点数について、追記になったり加算点が付いたりと、診療報酬改定が起こっています。その都度、医療事務は対応していくわけですが、令和3年4月から初診・再診料も変わります。新型コロナウイルスの保険点数が期間限定で変更となりそうです。
医療事務の点数の取り方について

医師事務作業補助体制加算を診療所で算定。必要な条件とは?

医師事務作業補助体制加算は診療所でも算定できるの?という疑問。ベッド数に対し補佐する事務員の配置を評価された診療報酬点数となっています。医師事務作業補助体制加算が診療所でも取れる背景や注意点、誰でもドクターズクラークとして働けるのかなどまとめます。
医療事務の点数の取り方について

コロナ抗原検査の費用はいくら?医療機関のキットの保険点数

コロナ抗原検査の費用はいくら?という疑問はありませんか。インフルエンザの時に使うキットと同じような場合、保険が効くのでしょうか。短い時間で結果が出るコロナ抗原検査の費用は、どこの医療機関でも同じなのか、診療報酬点数やレセプト請求についても書きます。
医療事務の点数の取り方について

内服薬が7種類以上の数え方。投薬の点数が変化するルール

内服薬が7種類以上の数え方について、処方料などが変化するルールがあります。先生がたくさんの薬を投薬した場合、院内・院外ともに減算されます。内服薬が7種類以上の数え方は、飲み方と日数に気を付けてみていきますが、どのように算定するのか書いていきます。