医療事務のまとめ。保険請求業務のプロをめざすための秘訣

・医療事務に興味をお持ちのあなた

・医療事務として働いてみたいな~と思われているあなた

 

医療事務をめざすあなたを応援するサイト。

『ハーティジム』を運営しています医療事務歴20年以上のおばさんです(#^^#)

 

だてに年だけ取ってるわけではありません(笑)

日々、医療事務として働いてきて習得した知識やスキルがあります。

 

私もそうでしたが、医療系というだけで難しいのかもとか、自分には無理かもと思いがち。

興味はあるのだけど、大変そう~という感じです。

 

実際、現場で働いていても細かい決まりやルールがあること、スタッフ間のコミュニケーションの重要性など、たしかに「絶対大変じゃないよ!」とは言えません(^^;)

 

でも、医療事務としてのやりがいも感じているし、誇りをもって仕事をしています。

「大変」から「楽しい」に変わっていき、医療事務の仕事が好きになるはず。

 

今なお現役の私から、少しでもあなたのお役に立つことをお伝えできたら本望です。

医療事務という仕事をいろんな面から知ることができたら、初心者のあなたにとっても、安心材料になると思います。

 

ここの『医療事務についてのまとめ』というカテゴリーでは、他のカテゴリーにはおさまり切れなかった内容や総合的な情報を集めてみました。

 

時には、医療事務ということからちょっぴり飛躍してしまうかもしれません(笑)

 

 

医療事務はある意味、サービス業ともいえるような職種になってきています。

地域内で数多くの開業医院ができ、それぞれのクリニックが何かしら強みを打ち出さないと経営が危うくなってしまうことも。

 

ちょっとしたトラブルがあったり、先生と馬が合わないなど相性によることで、患者さんは医院を選んでいけるわけです。

 

昔、老人の診察代が無料という時代がありました。

院内にはお年寄りがたくさんいて、おしゃべりの場という感じだったと聞いています。

 

もちろん、私はその時代のことは知りません。

私が勤め始めた頃は無料ではありませんでしたから。

ちょうど、老人の診察代が定額制から定率制と変わっていった頃です。

 

下記のページ一覧は、『医療事務についてのまとめ』というカテゴリーの記事なのですが、医療について、その歴史や変遷、矛盾に思うことなど、私なりの感じ方も書いています。

 

プロといえる医療事務員になるためには、広い視野で実務以外のさまざまなサービスにも目を向けていかなくてはならないと思うのです。

 

あなたのご興味のある記事はありますでしょうか。

 

 

もちろん、医療事務という仕事に就きたくて『ハーティジム』へたどり着いてくださったあなたには、医療事務になるための基本を数々用意しています。

 

医療事務の魅力やメリットについて

医療事務に向いてる人について

医療事務として働く場所はここ

医療事務の受付業務について

医療事務の仕事内容について

医療事務員の気になる給与

医療事務の労働条件について

 

医療事務資格に関して

医療事務資格の受験資格について

医療事務資格の種類について

医療事務資格取得の学校選び

医療事務資格の勉強方法について

 

医療事務の仕事や資格についてなど、別のカテゴリーには、医療事務をめざすあなたに参考となる記事があるはずです。

 

・初めて医療事務に関心を持たれて、どんな職種なんだろう?と思われているあなた

・昔、医療事務として働いたことはあるけど、今はどんな感じ?と考えておられるあなた

 

あなたが知りたい情報をみつけて下さいね。

 

 

ここ『医療事務についてのまとめ』では、医療事務のことについてはもちろんんこと、医療関連サービスについてもお届けしています。

 

なぜなら、医療分野のサービスは、直接、医療事務や病院などが提供することではないことかもしれませんが、医療機関と密接に関係してくると思うからです。

 

福祉系や介護系のサービスを知ることによって、患者さんへのアドバイスができます。

しいては今後の自分にとっても参考になることです。

 

私は、病院にかかる患者さんに対して、いろいろな情報・さまざまなサービスのあり方を助言できる医療事務になりたいと思っています。

 

うちのスタッフの一人に、お母さんの介護について聞くことがあるのですが、経験者から聞ける話しはとても参考になるものです。

 

私にも80歳になる母がいます。

病院に行って、お得な情報や知らなかったことを教えて頂けると助かるな~と思うことも。

世の中には、いろんな医療サービスがあるのですから。

 

大きな病院内には、医療ソーシャルワーカーという方がおられますもんね。

・療養中の心理的・社会的問題の解決調整援助
・退院援助
・社会復帰援助
・受診や受療援助
・経済的問題の解決調整援助
・地域活動

厚生労働省からいわれている業務内容です。

 

ソーシャルワーカーのことを理解していると、患者さんにもそちらへの相談を提案できるわけです。

医療事務も視野を広げて、患者さんのためになることを勉強し続けなくてはいけません。

 

 

『医療事務についてのまとめ』は、医療事務とは?ということに対して、私の医療事務員としての考え方やあり方についての総括カテゴリーともいえます。

 

まずは、医療事務になりたいな~と思われたあなたが、早く現場で活躍できるようにサポートできるよう、情報提供していきたいと思います。

 

一緒に頑張りましょう。

医療事務をめざすあなたを応援していますよ~~p(*^-^*)q がんばっ♪

 

医療事務についてのまとめ

医療事務の新人教育。医院での指導する立場と教わる側の様子

医療事務の新人教育といっても、小さなクリニックの場合、特別に専任の指導者がいるわけでもなく、研修を受けるようなこともありません。医療事務の新人教育では先輩スタッフが指導していくのですが、教わる側のイメージと実際の現場の様子を書いてみようと思います。
医療事務についてのまとめ

マイナンバーカードと保険証の紐づけ。利用できる病院とは?

マイナンバーカードと保険証の紐づけをすると、医療機関や薬局で利用できるようになります。令和3年3月から予定との話しですが、どこの病院でも使えるのでしょうか。マイナンバーカードと保険証を紐づけるタイミングはいつなのか、早くした方が良いのかみてみます。
医療事務についてのまとめ

子供の血液型の検査費用はいくら?本当に調べる必要はある?

子供の血液型の検査費用は、いくらぐらいかかるのか気になりませんか。昔は母子手帳を見れば分かったような気もしますが、最近では出産のときも殆ど産婦人科では調べないとか。子供の血液型の検査費用と、本当に知っておいた方が良いのか医療事務として書いてます。
医療事務についてのまとめ

オンライン資格確認の導入はいつまで?診療所で普及するの?

オンライン資格確認の導入について、医療事務はどれくらい知っているのでしょうか。昨年から支払基金よりお知らせはありましたが、周知されていないような気がします。オンライン資格確認の導入が診療所でも広がっていくのか、運用は必須なのかしくみをみていきます。
医療事務についてのまとめ

インフルエンザ予防接種は何科で受けられる?令和2年の状況

インフルエンザ予防接種は何科を受診するの?と思われていませんか。受けられる病院は多くありそうですが、どこでも可能なのでしょうか。インフルエンザ予防接種は何科に行ったら良いのか、大学病院などの大きい医療機関の方がオススメなのか、予約は必要か書きます。
医療事務についてのまとめ

医療事務の離職率は高いの?ホワイトな病院でもすぐ辞める?

医療事務の離職率って高いと言われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。病院ってブラック企業なの?と不安になるかもしれませんよね。私は辞めたいと思ったことはありませんが、医療事務の離職率について、ホワイトな医療機関はないのか書いてみます。
医療事務についてのまとめ

医療事務は暇な仕事なの?勤務先によって違う職場の忙しさ

医療事務は暇な仕事なのでしょうか。医療機関によっては待合室がいっぱいだったり、閑散としている日があったりさまざまです。病院の規模や患者さんの来院人数によっても差があり、医療事務が暇な職種というわけではありません。忙し過ぎて困ったりもしますよ。
医療事務についてのまとめ

病院で画像データをもらうとき。CD-Rの値段は無料なの?

病院で画像データをもらうとき、CD-Rの値段はいくらなのでしょうか。先日、母の脳MRIの検査結果が欲しくて、先生にお願いしました。うちの医院では、他院に紹介の際は無料でお渡しします。病院で画像データをもらう場合、料金は実費で支払うのか書いてみます。
医療事務についてのまとめ

医療事務のトイレ事情。仕事中にいけるのか掃除はどうなの?

医療事務のトイレ事情について。仕事の最中に、気兼ねなくいつでも席を外していくことができるのか不安になっておられませんか。休憩時間まで我慢しなくてはいけないのか、医療事務がトイレへ向かうタイミングとは?掃除は業務の一環なのかなど疑問に答えます。
医療事務についてのまとめ

医療事務の文房具。業務に必要なアイテムや便利グッズの紹介

医療事務が文房具で必要なものは何でしょう。新人さんは、初出勤のときに準備しておいた方が良い持ち物は?と悩んだりしますよね。実際の現場で、これ必需品だよな~と思う医療事務の文房具を書いてみます。便利なアイテムやあると助かるグッズなど参考にして下さい。