医療事務のまとめ。保険請求業務のプロをめざすための秘訣

・医療事務に興味をお持ちのあなた

・医療事務として働いてみたいな~と思われているあなた

 

医療事務をめざすあなたを応援するサイト。

『ハーティジム』を運営しています医療事務歴20年以上のおばさんです(#^^#)

 

だてに年だけ取ってるわけではありません(笑)

日々、医療事務として働いてきて習得した知識やスキルがあります。

 

私もそうでしたが、医療系というだけで難しいのかもとか、自分には無理かもと思いがち。

興味はあるのだけど、大変そう~という感じです。

 

実際、現場で働いていても細かい決まりやルールがあること、スタッフ間のコミュニケーションの重要性など、たしかに「絶対大変じゃないよ!」とは言えません(^^;)

 

でも、医療事務としてのやりがいも感じているし、誇りをもって仕事をしています。

「大変」から「楽しい」に変わっていき、医療事務の仕事が好きになるはず。

 

今なお現役の私から、少しでもあなたのお役に立つことをお伝えできたら本望です。

医療事務という仕事をいろんな面から知ることができたら、初心者のあなたにとっても、安心材料になると思います。

 

ここの『医療事務についてのまとめ』というカテゴリーでは、他のカテゴリーにはおさまり切れなかった内容や総合的な情報を集めてみました。

 

時には、医療事務ということからちょっぴり飛躍してしまうかもしれません(笑)

 

 

医療事務はある意味、サービス業ともいえるような職種になってきています。

地域内で数多くの開業医院ができ、それぞれのクリニックが何かしら強みを打ち出さないと経営が危うくなってしまうことも。

 

ちょっとしたトラブルがあったり、先生と馬が合わないなど相性によることで、患者さんは医院を選んでいけるわけです。

 

昔、老人の診察代が無料という時代がありました。

院内にはお年寄りがたくさんいて、おしゃべりの場という感じだったと聞いています。

 

もちろん、私はその時代のことは知りません。

私が勤め始めた頃は無料ではありませんでしたから。

ちょうど、老人の診察代が定額制から定率制と変わっていった頃です。

 

下記のページ一覧は、『医療事務についてのまとめ』というカテゴリーの記事なのですが、医療について、その歴史や変遷、矛盾に思うことなど、私なりの感じ方も書いています。

 

プロといえる医療事務員になるためには、広い視野で実務以外のさまざまなサービスにも目を向けていかなくてはならないと思うのです。

 

あなたのご興味のある記事はありますでしょうか。

 

 

もちろん、医療事務という仕事に就きたくて『ハーティジム』へたどり着いてくださったあなたには、医療事務になるための基本を数々用意しています。

 

医療事務の魅力やメリットについて

医療事務に向いてる人について

医療事務として働く場所はここ

医療事務の受付業務について

医療事務の仕事内容について

医療事務員の気になる給与

医療事務の労働条件について

 

医療事務資格に関して

医療事務資格の受験資格について

医療事務資格の種類について

医療事務資格取得の学校選び

医療事務資格の勉強方法について

 

医療事務の仕事や資格についてなど、別のカテゴリーには、医療事務をめざすあなたに参考となる記事があるはずです。

 

・初めて医療事務に関心を持たれて、どんな職種なんだろう?と思われているあなた

・昔、医療事務として働いたことはあるけど、今はどんな感じ?と考えておられるあなた

 

あなたが知りたい情報をみつけて下さいね。

 

 

ここ『医療事務についてのまとめ』では、医療事務のことについてはもちろんんこと、医療関連サービスについてもお届けしています。

 

なぜなら、医療分野のサービスは、直接、医療事務や病院などが提供することではないことかもしれませんが、医療機関と密接に関係してくると思うからです。

 

福祉系や介護系のサービスを知ることによって、患者さんへのアドバイスができます。

しいては今後の自分にとっても参考になることです。

 

私は、病院にかかる患者さんに対して、いろいろな情報・さまざまなサービスのあり方を助言できる医療事務になりたいと思っています。

 

うちのスタッフの一人に、お母さんの介護について聞くことがあるのですが、経験者から聞ける話しはとても参考になるものです。

 

私にも80歳になる母がいます。

病院に行って、お得な情報や知らなかったことを教えて頂けると助かるな~と思うことも。

世の中には、いろんな医療サービスがあるのですから。

 

大きな病院内には、医療ソーシャルワーカーという方がおられますもんね。

・療養中の心理的・社会的問題の解決調整援助
・退院援助
・社会復帰援助
・受診や受療援助
・経済的問題の解決調整援助
・地域活動

厚生労働省からいわれている業務内容です。

 

ソーシャルワーカーのことを理解していると、患者さんにもそちらへの相談を提案できるわけです。

医療事務も視野を広げて、患者さんのためになることを勉強し続けなくてはいけません。

 

 

『医療事務についてのまとめ』は、医療事務とは?ということに対して、私の医療事務員としての考え方やあり方についての総括カテゴリーともいえます。

 

まずは、医療事務になりたいな~と思われたあなたが、早く現場で活躍できるようにサポートできるよう、情報提供していきたいと思います。

 

一緒に頑張りましょう。

医療事務をめざすあなたを応援していますよ~~p(*^-^*)q がんばっ♪

 

医療事務についてのまとめ

令和4年10月から変更になること。医療事務のチェック項目

令和4年10月から又いろいろな物が値上がりしますよね~。医療機関でも新しく変更になる項目やそのまま延長されて算定できることなど、対応していかなければなりません。令和4年10月から注意することを、診療所の医療事務をしているあなたにおとどけします。
医療事務についてのまとめ

発熱外来の費用。コロナ検査の支払いが高いのは全額負担?

発熱外来の費用はいくら?って思われませんか。コロナの検査は抗原でもPCRでも公費で無料です。それなのに診察代が高いと患者さんから言われます。発熱外来の費用は全額負担なのかと疑問もあると思いますが、特例で算定できるものもあり支払額が多く感じるのです。
医療事務についてのまとめ

電話再診の147点。コロナ陽性で宿泊・自宅療養中の点数?

電話再診の147点って、かれこれ2年ほど前にもありましたよね。それとは別にコロナ陽性になった患者さんに対しても電話再診の147点という特例があります。臨時的取り扱いの事務連絡より、9月30日まで延長措置となっているので、再度詳しく書いておきます。
医療事務についてのまとめ

検尿の検査項目。算定できる点数と尿沈渣のレセプトコメント

検尿の検査項目って何を調べているの?と思われたことはありませんか。健康診断でも必ずある採尿は、医療機関でもすぐにチェックできます。通常算定する検尿の検査項目は尿中一般物質定性半定量で26点。その内容と尿沈渣のレセプトコメントについても書いてみます。
医療事務についてのまとめ

リフィル処方箋のQ&A。診療所の事務員が疑問に思ったこと

リフィル処方箋のQ&Aをまとめてみようと思います。令和4年4月からスタートで必須ではありませんが、診療所の医療事務が疑問に思うことがありリフィル処方箋のQ&A集としました。院外で薬をもらう制度の医療機関にとって、参考になるときがあるかもしれません。
医療事務についてのまとめ

リフィル処方箋のメリットとデメリット。診療所はどうする?

リフィル処方箋のメリットとデメリットとは?2022年度の診療報酬点数改定からの新項目。導入されることは少し前から気になっていました。リフィル処方箋のメリットやデメリットから、診療所での考え方も難しいところ。反復しての利用は広がっていくのでしょうか。
医療事務についてのまとめ

コロナ特例で延長の点数。令和4年4月からの主な変更項目

コロナ特例で延長や変更・廃止になっている点数があります。令和4年4月からは診療報酬点数改定もあって、さまざまなチェックが必要。特に二類感染症患者入院診療加算については疑問がありました。コロナ特例で延長になったものを含め、気になる部分を書いてみます。
医療事務についてのまとめ

診療・検査医療機関とは?どのような病院が公表しているの?

診療・検査医療機関とはいったいどのような病院なのでしょう。自院は対象なのかイマイチ把握できていないなんてことはありませんか。恥ずかしながらホームページ等で公表されているのはどんなところなのか、検査医療機関とは?という疑問があったので考えてみました。
医療事務についてのまとめ

コロナワクチンの有効期限が延長?医療事務も知らなかった件

コロナワクチンの有効期限が延長がされていたってご存知ですか。医療事務の私も先日知ったばかり。6ヶ月から9ヶ月に変更になっていると昨年から通達はあったようですが、知らなかったのです。コロナワクチンの有効期限の延長についてまとめておこうと思います。
医療事務についてのまとめ

リフィル処方箋の導入が決定。診療報酬改定により4月から?

リフィル処方箋の導入が決定と最近知りました。2年に1度の診療報酬改定により2022年4月からと決まったということ。詳しい内容はまだ何も連絡はないのですが、リフィル処方箋の導入がどんな仕組みなのか分かっている範囲で少し触れておこうと思います。